金曜日, 8月 29, 2014
フロッピーディスクのアイコンが保存の意味が通じなくなると言う話があるけど、両替という言葉を考えると大丈夫な気がする。 Twitter / tikutaku (via yorozuna)
土曜日, 6月 7, 2014 木曜日, 5月 1, 2014
ダム工事の死者は慰霊碑立つけど、IT土方は慰霊碑なんか立たないからな はてなブックマーク - システムエンジニア確保へ 集団面接会 NHKニュース (via ffftp)
木曜日, 6月 6, 2013
お母さん「朝はインフラエンジニア、昼は運用担当、夜はプログラマ、これなーんだ?」
子ども「しゃないSE!」
お父さん「おいやめろ…」
Twitter / mocha_rx8 (via y-u)
月曜日, 6月 3, 2013
女の浮気が見破れないのは 女の嘘が上手 なわけではなくて 女の浮気が見破れない ほど 自分の女を見ていないような男が浮 気されるだけなのよ
髪型が変わったこと に気付かないような男が 浮気なんて気付 くわけないじゃない
Twitterに出回ってる女の名言()ください!:キニ速 (via mcsgsym)

(出典: gkojax)

日曜日, 6月 2, 2013

zenpencils:

CHRIS HADFIELD An astronaut’s advice

日曜日, 5月 26, 2013

僕を含め、25歳を過ぎて本格的に「彼女いない歴=年齢」に拍車がかかっていく人たちは、単に「モテない」というくくりでは語れないものを持っていることが多い。

28歳処女を主人公にすえた「Hatch」(村上かつら)は、そういう部分を飛び抜けてうまく描き出している。

「Hatch」の主人公、宮下のえみは決して不美人ではない。飛び抜けて「かわいい」とも描写されてはいないが、少なくとも恋愛において容姿が重要な問題になるタイプではないだろう。

彼女の“理由”は、呪縛にも似た母親との関係に求められている。異性関係を毛嫌いする厳しい母の影響で、なんとなく恋愛から遠ざかっていたという、一見すごく特殊な理由で、まったく同じという人は少ないだろう。だけど、のえみの感性はリアルだ。

たとえば、親戚に「いい人はいないのか」と聞かれるシーン。「いない」と答える彼女に、まわりの大人たちは「かわいいのに」と口々にいう。それに対してのえみはモノローグで語る。

「――ごめんなさい 年上の 心やさしい女性からの 『かわいい』は」
「受け取るたび 老ける気がして」。

このモノローグは、心の機微として鋭いとともに、のえみというキャラクターをよく表している。

いつの時代も大人たちは、派手すぎる子どもに眉をしかめ、清く正しい子どもを褒める。それはそれでどうしようもないし、社会システムとして正しい。だけど、大人たちのいう「かわいい」は時代遅れだったり、同世代の特に恋愛分野では「つまらない」にも近い。だから、子どもたちが大人になるには、どこかで“大人”が眉をしかめる振る舞いを身につけなくてはならないのだ。

のえみは、大人になり損ねた人なのだと思う。

誰かの子どもであるという自己認識には、明確な出口がない。働き始めることで社会人としての自分は手に入る。だけど、それだけで大人にはなれない。なんとなく大人らしくはしてくれるけど、誰かの子どもであるという時代を終わらせてくれるわけではない。そして、そうこうしているうちに、周囲は着々と結婚し、“子ども時代”を終わらせて、親になっていく……。

お見合いや親の決定など、かつて人を強制的に子どもから親へシフトさせていく機構は、自由主義化した恋愛市場では存在しない。「性の乱れ」という言葉で、異性関係を封じ込めようとする大人たちの建前に、上手に逆らえなかった、清く正しくのんきな子どもたちは、ある日突然、経験豊富な同世代の市場に放り出されてようやく気付くのだ。自分はもう十分に大人であり、残された時間は少ないのだ、と。

結婚は現代では決してマストではない。そうでない生き方を、僕らは選択することもできる。だけど、自分の意志で選択できず、結果的に選ばされることは不幸だ。大人になるというのは、自らの意志でその選択を行うことでもある。

「孵化」を意味する「Hatch」というタイトルは、そういう子ども時代の終わりを予感させている。

高齢童貞・処女はどのように生まれるのか? その痛みとリアリティ――「Hatch」(村上かつら) | nelja (via garance510)
土曜日, 5月 25, 2013
111 :おさかなくわえた名無しさん:2013/05/21(火) 12:50:38.55 ID:UxKBYbVH

流れなど知らぬ。

少し前に当社に来たメリケン人。
メリケン人にはトンカツが効くという、
このスレ知識からトンカツ屋に連れて行ったら想定どおりハマった。
それはいいんだが、毎日昼飯がロースカツ定食とはいかがなものか。
で、たまには一緒に行こうと連れて行かれ、奴は定食、自分はカツ丼。
「なんだそれは?何?カツを煮て乗せたのもの?
こんなサクサクジューシイなのを煮るなんて変だぞ!」
ちょっとムッときたので、一切れ食わせた。
「!!!!!WHOOOOOOOOOO」半分食われた。
次の日から、昼飯をロースカツ定食にするか、カツ丼にするか悩むメリケン人の姿があった。
「何かまだ隠しているだろう!言え!」
カツカレー食わせた。次の日から、昼飯を(ry
「何かまだ隠して(ry
カツサンド食わせた。次の日から(ry

次はメンチカツを教えようと思っている。
まだ隠しているだろう! 続・妄想的日常 (via eternityscape)

“Intel Inside”を「インテル入ってる」と翻訳した人は天才だ、意味を変えないで頭韻を脚韻に置き換えたところがすごい。

と思っていたら「インテル入ってる」の方が先で、日本発のキャンペーンだったということを最近知った。

Twitter / Shunji_Yamanaka 山中俊治

(via niseoshou) (via x-117) (via masaka) (via oharico) (via twominutewarning)

まじすか

(via tasteful) (via iyoupapa)

(via patagonicus) (via matsubokkuri) (via tohya) (via karlmcbee) (via jinon)

(via hsmt)

(via tkashiwagi)

(via zbpt)

(via metonee3) (via makototz) (via fetica) (via yaruo) (via sekky) (via igi) (via katoyuu)

まじまじ

(via mitaimon) (via kogure) (via appbank) (via newroutine) (via gkojax-text) (via mcsgsym) (via i11matic) (via brooklyn-sometimes) (via take-cheeze) (via amaisaeta) (via yclipse) (via halmatch) (via inoao)

(via yukkila) (via hkdmz) (via words-silence) (via deli-hell-me) (via slowleaner) (via mnky)

(via youzou5252)

(via salazosulfapyridine) (via neetria) (via shinoddddd) (via linolite) (via nanikano) (via aki373) (via hkdmz) (via ipodstyle) (via fortyniner045)

(via waclips) (via brow-man) (via zenigata) (via nuruko-village) (via rotsala) (via nnzai) (via yamada123456789) (via bttf)